たるみを治療するとスッキリした小顔になれる

老け顔の原因・たるみ

鏡を見る女性

メスを使わない治療も

歳を重ねるごとに気なってくるのが肌のたるみですよね。肌にハリがなくなり、いつのまにかたるみが出てしまいます。たるみは、老け顔のもとになってしまいますので、できることなら解決したい悩みですよね。たるみの解決には、美容皮膚科や美容整形外科での治療が効果的です。色々な治療法がありますが、メスを入れたくない人にはレーザー治療やボトックス、ヒアルロン酸の注入がオススメです。メスを使わずに治療をするので、傷跡が残らず、痛みも少ないというメリットがあります。フォトフェイシャルやサーマクールは、レーザー治療の中でも有名ですよね。フォトフェイシャルは、インテンス・パルス・ライトという医療用の特殊なライトを肌全体に照射して、コラーゲンの生成を促します。たるみだけでなく、シミやくすみ、ニキビなど、幅広いお肌の悩みに効果があると言われ注目されています。サーマクールは、高周波(RF)エネルギーを肌に照射して、肌の奥でコラーゲンの生成を促す治療法です。一方、ボトックスはボツリヌス菌を肌に注入し、筋肉の収縮を弱め、表情しわを改善、ハリを与えたるみを解消します。その他には、ヒアルロン酸やプラセンタの注入も、肌にハリを与え、たるみを改善する効果があると言われています。施術によっては、一度きりではなく、定期的に施術を行うことでよりハリ感がキープできるものもありますので、どんな治療が自分にあっているか検討してから施術を受けると良いでしょう。